最高気温 12℃
最低気温 3℃
 

お洒落に見える組み合わせ。

鮮やかな青のリネンカットソー。
リネンならではの、
畝のあるナチュラルな素材のトップスに
張りのあるスカートを合わせて。

色と、素材感のコントラストを楽しんで。

 
最高気温 13℃
最低気温 3℃
 

KristenseNが醸し出す存在感。

何気ないシャツ、カーディガン、
パンツのコーディネートでも、
ひとつひとつが上質だと品がある事を実感。

お洒落を頑張り過ぎていない、
余裕のある大人っぽさがあります。

 
最高気温 14℃
最低気温 7℃
 

アースカラーが新鮮。

全身、靴までアースカラーの
グラデーションのような
一体感のあるコーディネイト。

アクセントにチェック柄のストールを。

 
最高気温 15℃
最低気温 5℃
 

春夏に綺麗色ボトム。

merge初登場ブランド、
福岡発のVeritecoeurのパンツは
とにかくこの綺麗な色に惹かれます。

白系トップスを合わせればフェミニンな感じに、
黒と合わせれば大人可愛い雰囲気に。

 
最高気温 13℃
最低気温 7℃
 

シンプルだけど雰囲気がある。

コットンシャツに、リネンのパンツ。
素材感で春らしさを。
色で遊んでないぶん、ベレー帽をプラスして、
艶の美しい靴をさりげなくポイントに。

 
最高気温 12℃
最低気温 4℃
 

色使いとシルエットに春を感じて。

淡い色のトップスに、
春夏らしい水色のパンツで爽やかに。
ワイドパンツとバランスを取るために、
靴はボリューム感のあるものが可愛い。

 
最高気温 16℃
最低気温 6℃
 

大人のオールブラック。

全身ワントーンに、白の靴をポイントにした
コーディネイト。
靴を白にするだけで、ぐっと季節感が出ます。

独自の加工を施された、控えめな艶のある素材と
形がとても綺麗なハットは、SCHAのもの。

 
最高気温 16℃
最低気温 7℃
 

トレンドカラーのマスタード。

くすんだ感じのマスタードイエローの
トップスが主役。
白などの淡い色のボトムスと合わせると
優しく大人可愛い雰囲気に仕上がります。

 
最高気温 14℃
最低気温 7℃
 

さらっとした質感で夏にも涼しい、
album di famigliaのコットンストレッチ素材の
トップスとボトムス。

このRICEという色は、
真っ白ではないニュアンスカラー。
全身ホワイトもこの色なら嫌みなく
大人っぽく仕上がります。

 
最高気温 14℃
最低気温 7℃
 

水色のストライプが爽やか。

淡い水色が春夏らしい雰囲気たっぷりの
ストライプ柄シャツ。
爽やかで女性らしさの感じられる雰囲気のシャツは、
シンプルなボトムと合わせたい。

 
最高気温 14℃
最低気温 5℃
 

GALLEGOの定番素材、
イタリア製コットンギャバジン。
とても丈夫で自宅で洗えて、アイロン無しでOKの
とても扱いやすい素材です。

GALLEGOのネイビーは
シーズンによってニュアンスが異なるのですが、
今シーズンは茄子紺がかった
春夏らしい知的な雰囲気です。

 
最高気温 15℃
最低気温 8℃
 

タイトスカートみたいなVALIGIのパンツ。
大人感とモードっぽさと面白さのある
変わり種のパンツです。

透け感のあるリネンのニットと、
白スニーカーを合わせて、
春らしい軽やかな雰囲気に。

 
最高気温 14℃
最低気温 6℃
 

GALLEGOのリネンシャツ。

毎回人気のギャザーシャツ、この春夏はリネンで。

オシャレの基本は使う色を少なくすること。
白のリネンのシャツに落ち感の綺麗なパンツ。

 
最高気温 19℃
最低気温 10℃
 

アイスグレーが春らしいシャツ。

前後差のあるアイスグレーのシャツに、
スカートみたいなパンツ。
行き過ぎた個性じゃなく、このくらいがいい。

 
最高気温 23℃
最低気温 17℃
 

マリンテイストで爽やか。

ネイビーベースのボーダーは
引き締め効果が期待できます。

ホワイトの分量を多くして、春らしく軽い雰囲気に。

 
最高気温 18℃
最低気温 15℃
 

SOFIEの新作登場。

大柄のチェックが可愛いスカート。
トップスと足元をシンプルに仕上げれば、
誰でもお洒落に着こなせるはず。

 
最高気温 17℃
最低気温 10℃
 

このゆったり感がいい。

販売間近のシャツとパンツは
VALIGIとapuntobのもの。

素材の良さ、計算されたデザインから生まれる
心地いい着心地で
違いの分かる大人の女性に支持されるブランドです。

 
最高気温 21℃
最低気温 12℃
 

春先は無性にパーカーが着たくなる。

スウェット素材はカジュアル過ぎるから
ニット素材で。

茶とデニムを都会的な印象で。

 
最高気温 20℃
最低気温 12℃
 

GALLEGOの定番ブラウスとパンツ。

ネック周りのたっぷりのギャザーから
裾にかけて広がりのある人気のブラウス。

テントシルエットのシャツには
ストンとしたシルエットの
ワイドパンツが良く合います。

 
最高気温 22℃
最低気温 15℃
 

チェックスカートと同じ形の
無地バージョンのスカート。

この緑色が本当に素敵。
鮮やかさは控えめな、上品な色です。

 
最高気温 21℃
最低気温 14℃
 

ネイビーにオフ白のドット。
無条件に可愛い。

柔らかな風合いのコットンに
水玉プリントのブラウス。
ネイビーベースで大人らしい落ち着きがある。

 
最高気温 17℃
最低気温 13℃
 

春にぴったりの薄手のコート。

撥水加工を施したコットンの軽いアウター。
朝晩が肌寒い春先にはもちろん
梅雨にも重宝します。
襟元も可愛い。

 
最高気温 21℃
最低気温 14℃
 

優しいボーダーを使ったモノトーンコーデ。

リネンラミーのシャリ感が心地よい
apuntobのプルオーバー。
ゆるりとしたスタイルにも大人感を。

 
最高気温 21℃
最低気温 16℃
 

ハイクオリティな全身コーデ。

ワンピースとしても使える
ソフィードールのコットン素材のベスト。

モノトーンの中にベストの艶のある素材、
OFFICINEの馬革のマットな質感の靴の
合わせ方がお洒落で面白い。

 
最高気温 22℃
最低気温 15℃
 

真っ赤なワイドパンツで気持ちも明るく。

柔らかく穿き心地のいいコットンパンツは
ゆるっと涼しく、
明るい赤が春夏らしい。
実は、ウエストのデザインが凝っていて可愛いのです。

 
最高気温 23℃
最低気温 16℃
 

カンカン帽が苦手だったけど、
これなら大人にも似合いそう。

爽やかなコーディネイトによく似合う、
甘くない、
子どもっぽくならない理由がちゃんとある。

 
最高気温 21℃
最低気温 16℃
 

マスタードイエローのリネンのワンピース。

サラッと1枚で着るだけで、
涼しさとオシャレが両立できる
便利なワンピースです。

レギンスやパンツを重ねても可愛い。

 
最高気温 24℃
最低気温 16℃
 

春夏は白が着たくなる。

爽やかで清潔感があって、可愛げがある
白のワントーンコーディネイト。

 
最高気温 27℃
最低気温 15℃
 

ネックの形とゆったりしたサイジングが可愛い
細ピッチのボーダーのトップスは
リネンコットンの布帛素材なので、
ボーダーTシャツのようなカジュアル感は控えめに
大人っぽく仕上がるところがいい。

 
最高気温 24℃
最低気温 18℃
 

ブルーとグレーで作る初夏のコーディネート。

グレーの帽子とサンダルで
ブルー系のスタイリングを
爽やか過ぎずにまとめてみました。

 
最高気温 24℃
最低気温 17℃
 

ネイビーのワントーンコーデ。

優しい雰囲気にまとめたいから、
靴には強い色を持ってこずに
ベージュで女性らしく仕上げる。

 
最高気温 26℃
最低気温 19℃
 

お天気が良い日のお出かけコーデ。

涼感のあるリネンのワンピースに
細身のパンツを合わせて。
メタリックカラーのサンダルが夏らしい。

 
最高気温 26℃
最低気温 19℃
 

Tシャツとデニムは夏の定番。

ディテールにこだわりのあるアイテムを選べば
シンプルな組み合わせでもお洒落に見える。

 
最高気温 27℃
最低気温 19℃
 

落ち着きのあるブルー。

ワンピースが主役なので、
足元は同色でまとめると大人っぽく仕上がる。

 
最高気温 27℃
最低気温 19℃
 

真っ白コーデは白色の色味にこだわりたい。

漂白したような夏らしい白もいいけれど、
オフホワイトくらいが自然でちょうどいい。

 
最高気温 27℃
最低気温 17℃
 

発色のいいパープル。

紫色が可愛いリネンのワンピース。
ライトグレーのレギンスと白靴で優しく。

 
最高気温 26℃
最低気温 20℃
 

アースカラーでナチュラルに。

グレーやベージュの優しい色使いと
リネンやかごバッグで
ナチュラル感と季節感を取り入れて。
靴は黒色で全体の印象を引き締める。

 
最高気温 26℃
最低気温 18℃
 

大人のラフ感溢れるコーディネイト。

リネンの黒の大人っぽさと、
デニムのカジュアル感のバランスが好き。
trippenのサンダルを合わせて、
肩の力の抜けた大人カジュアルスタイルの完成。

 
最高気温 26℃
最低気温 19℃
 

色で夏を感じる。

紫がかったブルーのTシャツ。
この色はKristenseNのHigh Summerで
ブランド一押しの色。

夏らしい爽やかな色は、
KristenseNらしく、ただの青じゃなくて
紫がかった茄子紺みたいな綺麗な色です。

 
最高気温 26℃
最低気温 19℃
 

ゆったり可愛いオーバーオール。

ユルっとワイドなシルエットの
Veritecoeurらしい雰囲気が楽しめる
キュロットオーバーオール。

Tシャツやブラウスを入れて
簡単にオシャレな雰囲気が作れます。

 
最高気温 25℃
最低気温 20℃
 

大人感のある可愛らしさ。

sophie digardのかぎ編みストールを
ポイントにしたコーディネイト。
甘くなり過ぎずに、
品と可愛らしさを添えてくれるストールは
複雑な編み方と色使いが本当に素敵です。

 
最高気温 26℃
最低気温 20℃
 

定番のかごバッグ。

毎年人気のSans Arcidetのラフィアバッグは
夏の大人カジュアルに欠かせない存在です。
ラフなコーディネイトにはもちろん、
モノトーンのキレイ目な着こなしにも似合う、
大人のためのかごバッグです。

 
最高気温 28℃
最低気温 21℃
 

素材と色でセンス良く魅せる。

お洒落な人は、
素材・色・シルエットのバランスの取り方が上手。
とろみ素材が大人っぽい黒のセットアップに、
夏素材の小物をプラスして脱・平凡。

 
最高気温 27℃
最低気温 19℃
 

パッチワーク加工で遊び心を。

今季のtrue nycのデニムは、
遊び心のある加工がポイントです。
主役級のデニムだから、
それ以外のアイテムは、あれこれ盛らずに
シンプルなトップスと合わせるだけでいい。

 
最高気温 28℃
最低気温 22℃
 

着こなしに優しく馴染むグレージュ。

半月型のバッグは、
CI-VAの定番バッグの新色。
黒じゃ強すぎるし、
茶色だとカジュアル過ぎるというときに
とても使える上品な色のバッグです。

 
最高気温 27℃
最低気温 22℃
 

この春夏は、色物がとても人気です。

今シーズンmergeにもたくさんの色が揃っていますが、
少しくすんでいたり、
一言で説明することが難しいような
ニュアンスカラーのアイテムなので、
絵の具のような単純な原色の物はありません。
決して派手過ぎる色は無いので、
色物に抵抗がある方にも
この夏はぜひトライしていただきたいです。

 
最高気温 26℃
最低気温 22℃
 

清涼感のある夏のスタイリング。

全身ホワイト系に、靴とバッグでさり気なく色を足した
爽やかなコーディネイト。
ダークカラーに比べると、
やっぱり夏は明るい色のほうが
見た目にも涼感が出て、スッキリまとまります。

 
最高気温 27℃
最低気温 21℃
 

暑い日のカジュアルコーデ。

気温の高い夏の日でも、
ラクに涼しく過ごせそうなコーディネイト。
白Tシャツと足首が見える丈のワイドパンツの
シンプルなコーディネイトには、
存在感のある黒サンダルを合わせて引き締める。