最高気温 12℃
最低気温 5℃
 

やっぱりダッフルと云えばGloverall。
洗練されたシルエット、シンプルなデザイン、
流行に左右されないダッフルコートだから
長く使うことを前提に老舗ブランドを選びたい。

中には厚着をせず、
ダッフルコートはジャストなサイズ感で着るほうが
こなれた雰囲気が出ます。

 
最高気温 13℃
最低気温 6℃
 

カジュアルにも、キレイ目にも使えるから
カーキのパンツは便利。

TRAVAIL MANUELの定番、
テーパードシルエットのウエストゴムパンツ。
丈が少し短めなので、
ショートブーツとの相性もいい。

 
最高気温 13℃
最低気温 6℃
 

色と質感の美しさを楽しむコート。

スタイリッシュで旬な雰囲気もある
コーデュロイの青のコート。
とにかくお洒落な色がぱっと目を惹きます。

コート以外は黒でまとめて、
洗練された都会的な雰囲気に仕上げます。

 
最高気温 12℃
最低気温 6℃
 

1枚は持っておきたいチェック柄ストール。

シンプルな無地のコーディネイトに足すだけで
お洒落に、大人可愛い雰囲気が出せる。

 
最高気温 10℃
最低気温 5℃
 

質の良いシルクウールの
ニット素材のWフェイスで
圧縮ウールのアウターを着るほどでない
秋口から羽織れるアウター。

デニムを合わせてカジュアルにまとめたり、
黒色パンツを合わせれば
よりきちんと感が生まれます。

 
最高気温 5℃
最低気温 0℃
 

無地のコートに飽きたらツイードを。

無地のコートは持っているし、
でも大きい柄物のコートは派手かなぁ…
そんな方におすすめなのがツイード素材です。

中に着る服が上下無地のとき、
羽織るだけでお洒落に見違えます。

 
最高気温 8℃
最低気温 1℃
 

主役級のカシミヤコート。

首元にレザーを部分使いしているところ、
ハンドステッチや裁ち切りのディテールなど
KristenseNらしさ溢れるカシミヤコート。

「あの人、お洒落だな」と周りに思わせる存在感が
KristenseNにはあります。

 
最高気温 9℃
最低気温 3℃
 

女性らしさのあるモノトーン。

ダークカラーのコートに、
上下白色のワントーンでまとめたスタイリング。

FAUSTO SANTINIのレースアップ靴を合わせて
ナチュラルで自然体な雰囲気に。

 
最高気温 9℃
最低気温 2℃
 

カーキとベージュの組み合わせが新鮮。

色の組み合わせが可愛いコーディネイト。

ただのナチュラルな感じでなく、
シルエットにこだわるアイテム選びで、
自然体なお洒落な雰囲気に。

 
最高気温 9℃
最低気温 2℃
 

卒入学シーズンに。

手軽にきちんとした印象に仕上がる
Wクロスの落ち感が美しいワンピース。

パンツを重ねれば
普段着としても活用できて無駄無し!

 
最高気温 10℃
最低気温 4℃
 

カジュアルにもモードにも。

スウェットみたいな肉厚感で
カジュアルに着られるプルオーバーは
立ち上がったネックが旬な雰囲気。

ブランド定番のバルーンパンツは
スカートみたいなボリューム感が
使いやすいと評判です。

 
最高気温 8℃
最低気温 2℃
 

曖昧な色がKristenseNらしさ。

少しくすんだ、一言では説明ができないような
ニュアンスカラーが素敵なシャツとパンツ。

シャツは、白ではなくグレーやベージュでもない
パールという色。
肌色を美しく見せてくれます。

 
最高気温 9℃
最低気温 2℃
 

着こなしの基本といった感じ。

白ニットにブルーデニムの
シンプルでベーシックな着こなし。

ポコポコした編み目が可愛いニットに、
バックスタイルまでお洒落なブーツを合わせて。
あからさまにお洒落、ではなく
「さり気なくお洒落」が理想です。

 
最高気温 12℃
最低気温 4℃
 

気負いなくジャケットを着る。

GALLEGO DESPORTESの定番ジャケットは
肩が凝らないラクな着心地と
カーディガンのように、
カジュアルに使いやすいところが魅力。

中は上下とも黒でまとめてスッキリ見せる。

 
最高気温 11℃
最低気温 5℃
 

シンプルだからこそデザインが活きる。

身幅がゆったり、長すぎず短すぎない着丈で
スカートはもちろん、パンツにも合わせやすく、
立ち上がったネックがお洒落な
白のプルオーバー。

モノトーンのコーディネイトは特に
デザインや素材感を大切にしたい。

 
最高気温 13℃
最低気温 6℃
 

ボトムを合わせてカジュアルに。

1枚で着ると、キレイ目な雰囲気のワンピースを
普段着としてカジュアルに着る。

 
最高気温 8℃
最低気温 2℃
 

春はシャツが着たくなる。

春に限らず、1年を通して使えるシャツ。
毎シーズン人気のKristenseNのシャツは
コットンストレッチ素材なので
シワも気にならず、サラっとしているので
夏でも快適な着心地ですよ。

 
最高気温 13℃
最低気温 4℃
 

個性的な顔立ちの靴がポイント。

ストライプのシャツにパンツという
シンプルなコーディネイトを
さり気なくお洒落に格上げしてくれる
SHOE&SEWNの定番靴、Medoc。

モンクストラップのように、
甲をボタンで留めて固定するデザインが素敵です。

 
最高気温 14℃
最低気温 7℃
 

オールブラックでカッコよく。

落ち感のある素材がキレイ目な雰囲気の
TRAVAIL MANUELのプルオーバーとパンツ。
首元にパールネックレスをプラスすれば、
より華やかさが出ます。

足元はあえて茶色のパンプスで軽く。

 
最高気温 13℃
最低気温 5℃
 

明るいブルーのデニムが気になる。

白のトップスに、ブルーのデニムで
季節の変わり目に相応しい、
爽やかな雰囲気のコーディネイト。

ボトムスの色が明るくなるだけで春らしい。

 
最高気温 14℃
最低気温 8℃
 

トレンドカラーのテラコッタブラウン。

優しさのあるアースカラーのアイテムは、
ナチュラルな素材感のものがいい。

丈が長めの、大人感のある形のスカートなので
シンプルにシャツと、
スクエアトゥが旬な雰囲気のスリッポンを
サラっと合わせたい。

 
最高気温 9℃
最低気温 3℃
 

優しい雰囲気のマニッシュ感。

グレーとクリーム色、コントラストを付けない
一体感のあるコーディネイト。
メンズライクな形・素材のパンツは
TRAVAIL MANUELの新作。
肉厚でドライな質感がメンズっぽくていい。

 
最高気温 12℃
最低気温 4℃
 

色で春らしさを取り入れて。

くすんだ感じの優しいターコイズ色のスカート。

白系のトップスと合わせれば春夏らしく爽やかに、
同系色のブルー系やパープルとの合わせも
新鮮で素敵です。

 
最高気温 12℃
最低気温 5℃
 

春夏らしい軽いネイビー。

同色のトップスとスカートを
セットアップ、ワンピース風に着る。

安心感のあるネイビーは、
春夏らしく、暗すぎる色よりは
やや明るめが軽い雰囲気になって良いと思う。

 
最高気温 12℃
最低気温 3℃
 

お洒落に見える組み合わせ。

鮮やかな青のリネンカットソー。
リネンならではの、
畝のあるナチュラルな素材のトップスに
張りのあるスカートを合わせて。

色と、素材感のコントラストを楽しんで。

 
最高気温 13℃
最低気温 3℃
 

KristenseNが醸し出す存在感。

何気ないシャツ、カーディガン、
パンツのコーディネートでも、
ひとつひとつが上質だと品がある事を実感。

お洒落を頑張り過ぎていない、
余裕のある大人っぽさがあります。

 
最高気温 14℃
最低気温 7℃
 

アースカラーが新鮮。

全身、靴までアースカラーの
グラデーションのような
一体感のあるコーディネイト。

アクセントにチェック柄のストールを。

 
最高気温 15℃
最低気温 5℃
 

春夏に綺麗色ボトム。

merge初登場ブランド、
福岡発のVeritecoeurのパンツは
とにかくこの綺麗な色に惹かれます。

白系トップスを合わせればフェミニンな感じに、
黒と合わせれば大人可愛い雰囲気に。

 
最高気温 13℃
最低気温 7℃
 

シンプルだけど雰囲気がある。

コットンシャツに、リネンのパンツ。
素材感で春らしさを。
色で遊んでないぶん、ベレー帽をプラスして、
艶の美しい靴をさりげなくポイントに。

 
最高気温 12℃
最低気温 4℃
 

色使いとシルエットに春を感じて。

淡い色のトップスに、
春夏らしい水色のパンツで爽やかに。
ワイドパンツとバランスを取るために、
靴はボリューム感のあるものが可愛い。

 
最高気温 16℃
最低気温 6℃
 

大人のオールブラック。

全身ワントーンに、白の靴をポイントにした
コーディネイト。
靴を白にするだけで、ぐっと季節感が出ます。

独自の加工を施された、控えめな艶のある素材と
形がとても綺麗なハットは、SCHAのもの。

 
最高気温 16℃
最低気温 7℃
 

トレンドカラーのマスタード。

くすんだ感じのマスタードイエローの
トップスが主役。
白などの淡い色のボトムスと合わせると
優しく大人可愛い雰囲気に仕上がります。

 
最高気温 14℃
最低気温 7℃
 

さらっとした質感で夏にも涼しい、
album di famigliaのコットンストレッチ素材の
トップスとボトムス。

このRICEという色は、
真っ白ではないニュアンスカラー。
全身ホワイトもこの色なら嫌みなく
大人っぽく仕上がります。

 
最高気温 14℃
最低気温 7℃
 

水色のストライプが爽やか。

淡い水色が春夏らしい雰囲気たっぷりの
ストライプ柄シャツ。
爽やかで女性らしさの感じられる雰囲気のシャツは、
シンプルなボトムと合わせたい。

 
最高気温 14℃
最低気温 5℃
 

GALLEGOの定番素材、
イタリア製コットンギャバジン。
とても丈夫で自宅で洗えて、アイロン無しでOKの
とても扱いやすい素材です。

GALLEGOのネイビーは
シーズンによってニュアンスが異なるのですが、
今シーズンは茄子紺がかった
春夏らしい知的な雰囲気です。

 
最高気温 15℃
最低気温 8℃
 

タイトスカートみたいなVALIGIのパンツ。
大人感とモードっぽさと面白さのある
変わり種のパンツです。

透け感のあるリネンのニットと、
白スニーカーを合わせて、
春らしい軽やかな雰囲気に。

 
最高気温 14℃
最低気温 6℃
 

GALLEGOのリネンシャツ。

毎回人気のギャザーシャツ、この春夏はリネンで。

オシャレの基本は使う色を少なくすること。
白のリネンのシャツに落ち感の綺麗なパンツ。

 
最高気温 19℃
最低気温 10℃
 

アイスグレーが春らしいシャツ。

前後差のあるアイスグレーのシャツに、
スカートみたいなパンツ。
行き過ぎた個性じゃなく、このくらいがいい。

 
最高気温 23℃
最低気温 17℃
 

マリンテイストで爽やか。

ネイビーベースのボーダーは
引き締め効果が期待できます。

ホワイトの分量を多くして、春らしく軽い雰囲気に。

 
最高気温 18℃
最低気温 15℃
 

SOFIEの新作登場。

大柄のチェックが可愛いスカート。
トップスと足元をシンプルに仕上げれば、
誰でもお洒落に着こなせるはず。

 
最高気温 17℃
最低気温 10℃
 

このゆったり感がいい。

販売間近のシャツとパンツは
VALIGIとapuntobのもの。

素材の良さ、計算されたデザインから生まれる
心地いい着心地で
違いの分かる大人の女性に支持されるブランドです。

 
最高気温 21℃
最低気温 12℃
 

春先は無性にパーカーが着たくなる。

スウェット素材はカジュアル過ぎるから
ニット素材で。

茶とデニムを都会的な印象で。

 
最高気温 20℃
最低気温 12℃
 

GALLEGOの定番ブラウスとパンツ。

ネック周りのたっぷりのギャザーから
裾にかけて広がりのある人気のブラウス。

テントシルエットのシャツには
ストンとしたシルエットの
ワイドパンツが良く合います。

 
最高気温 22℃
最低気温 15℃
 

チェックスカートと同じ形の
無地バージョンのスカート。

この緑色が本当に素敵。
鮮やかさは控えめな、上品な色です。

 
最高気温 21℃
最低気温 14℃
 

ネイビーにオフ白のドット。
無条件に可愛い。

柔らかな風合いのコットンに
水玉プリントのブラウス。
ネイビーベースで大人らしい落ち着きがある。

 
最高気温 17℃
最低気温 13℃
 

春にぴったりの薄手のコート。

撥水加工を施したコットンの軽いアウター。
朝晩が肌寒い春先にはもちろん
梅雨にも重宝します。
襟元も可愛い。

 
最高気温 21℃
最低気温 14℃
 

優しいボーダーを使ったモノトーンコーデ。

リネンラミーのシャリ感が心地よい
apuntobのプルオーバー。
ゆるりとしたスタイルにも大人感を。

 
最高気温 21℃
最低気温 16℃
 

ハイクオリティな全身コーデ。

ワンピースとしても使える
ソフィードールのコットン素材のベスト。

モノトーンの中にベストの艶のある素材、
OFFICINEの馬革のマットな質感の靴の
合わせ方がお洒落で面白い。

 
最高気温 22℃
最低気温 15℃
 

真っ赤なワイドパンツで気持ちも明るく。

柔らかく穿き心地のいいコットンパンツは
ゆるっと涼しく、
明るい赤が春夏らしい。
実は、ウエストのデザインが凝っていて可愛いのです。

 
最高気温 23℃
最低気温 16℃
 

カンカン帽が苦手だったけど、
これなら大人にも似合いそう。

爽やかなコーディネイトによく似合う、
甘くない、
子どもっぽくならない理由がちゃんとある。

 
最高気温 21℃
最低気温 16℃
 

マスタードイエローのリネンのワンピース。

サラッと1枚で着るだけで、
涼しさとオシャレが両立できる
便利なワンピースです。

レギンスやパンツを重ねても可愛い。

 
最高気温 24℃
最低気温 16℃
 

春夏は白が着たくなる。

爽やかで清潔感があって、可愛げがある
白のワントーンコーディネイト。